空間除菌ブロッカーの類似品「ウイルスプロテクター」が消費者庁から使用中止を呼びかけられたというお話。


先日購入したというお話をした空間除菌ブロッカー。
空間除菌ブロッカーが到着したので装着したというお話。
 
これの偽物というか類似品というか。のウィルスプロテクターなるものが、消費者庁から使用中止を呼びかけられたというお話。
 
この記事とか、
空間除菌剤「ウイルスプロテクター」でやけど事故 消費者庁が使用中止を呼び掛け – はてなブックマークニュース

この記事とか
携帯型『ウイルスプロテクター』で化学熱傷、消費者庁「直ちに使用中止を」 | ライフ | マイナビニュース

ですね。
マイナビニュースから引用すると、

消費者庁は18日、使用中にやけどを負う事故が相次いでいるとし、携帯型空間除菌剤「ウイルスプロテクター」の使用を直ちに中止するよう呼びかけた。
同商品は、ERA Japanが輸入し、ダイレクトコーポレーションが1月25日から販売。首からぶら下げて使用するだけで、ウイルスや菌を除去できる効果があると宣伝され ている。しかし同庁によると、2月2日に千葉県の幼児が同商品を使用した際、化学熱傷で胸の皮膚がただれる重症を負う事故が発生。これまでに計6件の事故 情報が寄せられたという。

こんな感じで、こりゃ怖い。
 
で、じゃあ俺が買った「空間除菌ブロッカー」はこの商品とは別物だけどどうなのよ?と当然気になりまして、調べてみたところトップページにこんなお知らせがデカデカと。
除菌消臭|お知らせ|エンブロイ株式会社

エンブロイ株式会社が製造販売している「ブロッカー」(旧名称「ウイルスブロッカー」)は
二酸化塩素ガスを担体に吸着したものであり、拒体に水分が着いたとしても人の肌に
悪影響を及ぼすことはありません。
また、危険性のある次亜塩素酸ナトリウムや粉末伏の酸等は使用しておらず、今回問題と
なった「ウイルスプロテクター」とは全く異なる内容成分で作られています。

と。
お知らせをそのまま信用すると、大丈夫だとよいうお話みたいですね。
とは言えまあ一般消費者としては怖いわけで。特に子供が被害を受けてるみたいで尚更ですね。
中国製のパチモノ買って事故発生はまあこのウィルスプロテクターに限らずちょくちょく発生しているので、特段驚く話でも無いですが、
どちらが類似品か?みたいなのはこういうアイテムだとよく発生しますし消費者としては気をつけたいところですね。
 
で、この今回取り沙汰された「次亜塩素酸ナトリウム」は、ソースがウィキペディアでアレなんですが、

家庭用に販売されている液体の塩素系漂白剤、殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳ビンの殺菌用など)などに使用されており、これらの製品のほとんどに次亜塩素酸ナトリウムの水溶液、またはそれに少量の界面活性剤(中性洗剤の主成分)などが加えられている。

とのこと。結構身近な化学物質なんですが、これっていわゆる「混ぜるな危険」的なのでは?と思ったら

家庭用の製品の「混ぜるな危険」などの注意書きにもあるように、漂白剤殺菌剤といった次亜塩素酸ナトリウム水溶液を塩酸などの強酸性物質(トイレ用の洗剤など)と混合すると、黄緑色の有毒な塩素ガスが発生する。浴室で洗剤をまぜたことによる死者も出ているので取り扱いには注意が必要である。

ですって。
こりゃちょっと首にぶら下げたくないですね。
 
んで私の持ってる空間除菌ブロッカーの「二酸化塩素剤
これはこれで、

二酸化塩素の安全性は経口摂取では確認されているものの、空気中の二酸化塩素濃度に関する基準・規制は日本国内には無く、長期間低濃度での暴露に係る安全性の検証に至っては十分なされているとはいえない状態である

とか、まあ色々書いてありまして
まだまだ怪しい雑貨の域を出ていないなぁという感想。
個人的にはお守り代わりなので全面依存とか無いですが、誠意ある製品を出してほしいなと思います。
 
お守りとしては、そろそろ私の空間除菌ブロッカーも効果の謳われてた1ヶ月が経つくらいでとりあえず風邪知らずではあったのでまあ良かったかなと。
空間除菌ブロッカーは熱を発生とか色落ちとかそういう類のトラブルは無かったですが、クレベリン同様に塩素系の匂いが結構ウッとなるので、経口とかはちょっとねぇ。
 
皆様も怪しげな雑貨を買う際には十分気をつけてお買い物しましょう!

クレベリンゲル 150g【HTRC3】

クレベリンを首から下げるか。

 

Leave a Reply

*

*